EmacsをSourceからBuildする

Emacs使ってる以上、最新のEmacsを使いたくなるのは人情というもの.

毎日ソースコードからちゃんとBuildしているのでその手順を記す.


repo: https://savannah.gnu.org/projects/emacs

2019/5/29 現在、 emacs-26latest なのでこちらを使う.

Ubuntu18.04 を使っているための先に以下をinstall:

$ sudo apt install wget make gcc libncurses-dev git autoconf automake texinfo

以下を叩く:

$ git clone https://savannah.gnu.org/projects/emacs
$ cd emacs
$ git checkout emacs-26
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make -j 4
$ sudo make install

/usr/local/bin/emacs に吐き出されるはずなのでPATHを通して実行すると動く.


ついでに remacs もソースコードからビルドしてみる.

repo: https://github.com/remacs/remacs

remacs とは、 rust で書き直した emacs で、完全に互換のあるものだ.

手順に従ってまず、 rust を入れる:

$ curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

rustupのドキュメント: https://www.rust-lang.org/tools/install

fish shellを使っているので以下のようにPATHを通した:

set -x PATH $PATH $HOME/.cargo/bin

Ubuntu 18.04 を使ってるため以下を叩く:

$ sudo apt install texinfo libjpeg-dev libtiff-dev \
   libgif-dev libxpm-dev libgtk-3-dev libgnutls28-dev \
   libncurses5-dev libxml2-dev libxt-dev

以下を叩く:

$ git clone https://github.com/remacs/remacs
$ cd remacs
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-rust-debug
$ make

src/remacs に吐き出されるので、 ./src/remacs と叩けば動く.


毎日masterをpullしてlogを見ていると案外簡易的なtypoが多かったして面白い.