2019年を振り返る

最近本業が忙しくて振り返りの記事を書いたりできなかった。

もうすぐ年が明けるので2019年をザクッと振り返る。上半期はイマイチだったけど、下半期は結構うまくいったのではないだろうか。


本業

  • 大体のプロダクトにリードエンジニアとして入れるようになった
  • 社内エンジニア勉強会を毎週開催した
  • 社外向けエンジニアイベントを2度企画して成功した
  • インターン、新卒の教育育成などを行った
  • 炎上プロジェクトをきちんと消火した
  • AWSインフラ系の仕事を任されるようになった
  • 役職が上がった(チームリーダー、シニア)
  • 採用面接をするようになった
  • 社内技術力評価会で一定の評価を頂いた

元々インフラエンジニアになるという目標だったが、とりあえず名乗れるくらいにはなれたと思う。

炎上プロジェクトの開発はだいぶ燃え上がっていたが、 開発時にやってよかったことに書いてるような感じで乗り切った。振り返ると楽しかった。

社外向けエンジニアイベントは、やったことなかった割にはそれなりのクオリティでできたと思う。

役職が上がったおかげで年収について考える必要がなくなった。考えなくて良くなってようやく解放された。

悪かった部分としては、職業Webエンジニアにおける「実績」と「やりきる力」 に反省点が書いてある。まんまこのとおりだ。前半に上長と喧嘩して開発を投げ出したので反省をしている。

副業

  • イベント時にきちんとサーバーの面倒を見きれた
  • レガシーなオレオレphpフレームワークの上になんとかコードを乗っけた
  • お客さんと良好な関係を築けた

Docker化やプロジェクトの状況整理などをして最低限開発できるようにしたり、タスク管理などもそれなりにちゃんとやるように取り組んだ。

お客さんと良好な関係を築けたというのが一番の成果だと思う。

普段は月にせいぜい10時間くらいしか稼働はしていないが、それなりにちゃんとこなせたのかなぁと思っている。

技術

  • takeokunn/dotfilesを作り始めた
  • takeokunn/.emacs.dを作り始めた
  • slack slash botや勤怠自動化などに取り組んだ
  • commonm lispをがっつり始めた
  • AWSで色々作り始めた
  • takeokunn.xyzを作った
  • Dockerについてめちゃ詳しくなった
  • ネットワークをいじって詳しくなった
  • ubuntuをいじり始めた(gnomeなど)
  • Graphicsをいじり始めた
  • CTFを始めた(cpaw, cpaw2)

この一年の技術力はめちゃくちゃ上がったと思う。

dotfiles をきちんと改善を回せている。

emacsに出会えて本当に良かった。エディタについての考え方が変わった。 shibuya-el と出会えてよかった。

インフラやネットワークへの苦手意識がなくなったのでそれが一番の成果。

プライベート

  • 大学を中退した
  • 一人暮らし始めた
  • 料理を始めた

そういえば、5年目3年生で大学を中退した。根本的な学力の足りなさを最近感じている。

一人暮らしになれた。自由すぎるのでなにがしか成約をかけないとダメ人間になりそう。 料理楽しい。


レガシープロダクトと付き合い方について考えさせられた一年だった。 nazoさんは本当に神。

本業/副業ともに技術力を求められなくなってしまったので口ばっかうまくなった。

数年前までバカにしていた立場の人間になってしまったのはしょうがないのかなぁ。